5s痩せると変化ってどう変わる?

5s痩せた方が本当に美しかった。

 

そのビフォーアフターを見たのですが、その変化は凄かったです。

 

5s痩せるとここまで変化、いえ進化するのだと思います。

 

ここで5s痩せて美しく変化、いえ、進化するための食事、運動、などを調べてきました。

 

5s痩せるための食事

5s痩せるため、というより、人間の身体は食べ物で出来上がっています。

 

ですから、食べるということは人間にとって、大変重要なことなのです。

 

しかし、5sやせるため、変化するには食べものの選択がカギを握ります。

 

過剰な糖質の摂りすぎは中性脂肪を増やし、これがまさに脂肪が増える原因なのです。

 

脂肪を分解させたいのに、知らず知らずのうちに糖質ばかりの食事となってはないでしょうか?

 

まずはここを見直しましょう。

 

朝食を食べる方もいらっしゃれば、摂らない方もいらっしゃいます。

 

これはどちらも可否はありません。

 

ご自分のライフスタイルに合わせて食事の回数を選んでください。

 

朝、召し上がらず、昼たくさん食べるのもいいでしょうし、朝しっかり食べてお昼を《軽めに済ませる、というものOKです。

 

いずれにせよ、夜は控えめにするのがベストです。

 

なぜなら、夜は副交感神経が働き、身体がリラックスモードとなります。

 

リラックスモードに入った身体は脂肪を燃焼させず、身体を休めることに専念してしまいますので、夜はあくまでも糖質は取らない方がベターです。

 

過度な糖質制限をすると、身体はケトン体をだし、体臭がきつくなったり、脳の働きが悪くなったりします。

 

自分のライフスタイルにあわせた食事回数で食事の内容をチョイスしてください。

5s痩せるための食事の内容

5s痩せるための食事の内容ですが、腸をきれいにすることも重要です。

 

植物性乳酸菌の多いキムチ、納豆、お漬物なども取り入れたり、食物繊維の多い野菜を取り入れたり、身体を燃焼モードに持っていくしょうがやネギ、スープなども積極的に取り入れましょう。

 

油もダイエットには重要です。

 

細胞間の細胞膜は油から出来ています。

 

ですから、油はとても身体には大切なのです。

 

オリーブオイル、アマニオイル、青魚の脂などオメガ3系の油は積極的に取るようにしてください。

 

言わずもがなですが、水はしっかり飲みましょう。

5s痩せる運動

5s痩せるためには運動もプラスしてください。

 

ですが、ハードな運動でなくていいのです。

 

ウォーキング、スロージョギング、ヨガ、プール、ストレッチなどご自分に合ったものを選択してください。

 

また会社の通勤の駅まで歩く、エレベーターを階段にするなどでもご自分のチョイスでいつもの動作が運動に変化します。

 

帰りの飲み会を断り、歩ける範囲で歩いて帰る、なども有効です。

 

自宅に戻り、一人でエクササイズだってDVDを見ながら出来ますよね。

 

運動は考え一つでなんでも出来ます。

 

運動なしで痩せようとすると身体がたるんだり、筋肉が衰えたりしますので、軽い運動を組み合わせるのが5s痩せる方法のポイントですよ。

5s痩せると顔にも変化があった!

5s痩せると顔もシャープになり、輪郭がはっきりします。

 

洋服のサイズも号数が2サイズくらい変化しますので、これは見逃せません。

 

但し、これは健康的に痩せた場合です。

 

5s痩せると見た目はかなり変化します。

 

5s健康的に痩せてしっかり変化、いえ進化してくださいね。